台風

 今年は厄年ですか…っていうような災厄続きの年ですが、九州や沖縄、四国や西日本方面の方、どうか万全の備えをなさってください。そして、ご無事でやり過ごせますように。

 母に昔の雨戸を家族総出で押さえたという台風の話を聞いた時には、昔の日本家屋は大変だったんだねー…と思ってたんですが、うちは2018年の関西を直撃した台風21号の時に本当に風で家が細かく揺れて窓はしなり、雨戸のないバルコニーの窓が風圧で割れるんじゃないかと生きた心地もしなかったので、今度直撃されたら本気でホテルに避難しようと思ってます。窓が割れると、今度はそこから吹きこむ風で簡単に屋根も飛んでしまうから。

 それでもうちから5キロ西に離れたところに住む知人や、台風直撃時に7キロほど離れた調剤薬局で働いていた友人は、全然たいしたことなかったと言っていたので、本当に数キロの差で暴風圏に入るか入らないか、あるいは風をまともに受ける立地だったか、そうじゃないかでも差が出るのかもしれないです。

 ちなみに台風21号の直撃時の映像ですが、これで最大風速55m/sだったとか…。

 撮影者に笑っている人が多いのは、正常性バイアスという状態なのかな。恐怖が笑いにすり替わっているように思います。

 動画の最後の方で、電線が切れていた場合の対処法などが書かれていますので、それだけでも。お恥ずかしながら、私は全然知らなかったです。地震の時もあちこちで電線が切れて下がってましたが、近寄りこそしなかったけど、水たまりなどは意識せずに通ってました。

 うちも停電の可能性地域にかかるかかからないかといったところなので、やはり充電出来るものはして、保冷剤なども余分に用意しておこうと思います。 

 そこまで大げさに警戒しすぎることはなかったよねー…とあとで言えるようになってほしい。 

 そして、台風ができるだけ早足で被害も少なく抜けてゆきますように。

Follow me!

前の記事

次の記事

リンクス2020年11月号