布マスク

 志村けんが亡くなってしまった。子供の頃、ヒゲダンス踊ったり早口言葉を言ってた世代です。学校じゃさすがに出来ないけど、弟と家で踊って笑ってたな。どなたかがおっしゃってたけど、多分、子供の頃に家族でテレビを見ていた記憶(そして、チャンネル権を握っている父親が一緒に笑いながら見ている。番組が終わったら寝る時間だった)に直結する方だった。ご冥福をお祈りします。

 うちの近所は今、桜が真っ盛りです。この入学式、始業式シーズンにきれいに満開時期がかかるのは、最近は珍しい気がします。けど、今年は皆、マスクして散歩がてら足早に眺める方がほとんど。それでも、日本人なので桜見るとテンション上がります。

 車の助手席から信号待ちの時に撮った写真です。正面はヨドコウ迎賓館。

 今年はなかなか桜の下でゆっくりご飯を食べたり、家族や友達とのんびり喋ったりすることできませんが、来年の桜は絶対に見ましょうね。そして、美味しいものを食べたり、旅行に出かけましょう。それまで、ここをご覧になってる皆さんやご家族、周囲の方々のご無事を祈ります。

 うちは初めて石垣島に行く予定だったのをキャンセルしたので、このコロナが落ち着いたら、絶対に行くんだ~(沖縄方面行ったことないんです)。

 家で自粛するのは仕方がないから、家を出られるようになってからやりたいこと、行きたいことを一杯楽しく考えることにします。

 あー、あと隙間時間に布マスク作ろうと思って、型紙ダウンロードしてきました。オカダヤさんのページがわかりやすかったです。布目を考えた切り込みの方法まで詳しく解説してくださってる。ダブルガーゼは買わなくても、家族分ならガーゼシャツやリネン、ガーゼタオルやTシャツ生地とかでもできるんじゃないかな。あと、マスクゴムもなんと、コットン糸とかのゴム風に編む方法で代用できて、しかも痛くないとか!

 手芸の才能ある人、ホントすごい。手芸は奥深いよね!私、こういう編み方とかは、昔から母に教えてもらってもザルみたいに頭から抜けちゃう派だったので、動画を前に格闘します。いい時代になったな。とりあえず、処分する使い捨てマスクのテクノロートっていう形状保持ワイヤーを取り出してみました。

 うちの母親ぐらいの世代は花嫁修業で洋裁や和裁やった人も多いだろうし、趣味にしてる方も多い。材料さえ揃えばあの世代は布マスク作成の主力になってくださるんじゃなかろうかと。初期のバービーの洋服は日本の主婦がミシンで生産してたっていうし!

 そして、友達がお守り代わりにって言って、家族分のウィルスガードをくれたのでアマビエ様を描いてみました。なんちゅうのか、うん…、まあ、ユルい系に入れといてくださると…。

 皆様の御健康をお祈りして…。

Follow me!

前の記事

Jガーデン48について

次の記事

ビオトープ