朧小路の恋の花

 お前の明日は、一週間後なんかと…。
 なんか、今週一週間、夢のように過ぎて行ってしまいました…。

 さて、すみません、4月予定が5月末に伸びてしまってすみません、すみません…なのですが、ホリーノベルズさんの「朧小路の恋の花」です。

 美しいですよね…。
 宮城先生のイラストは、色合いや線の細さが本当に繊細で綺麗です。
 色合いがふんわり、はんなりしててとても素敵…。
 透き通るみたいですよね。
 ちゃんと桜描いていただいてるのに、時期がずれてしまって本当に申し訳ない…。

 表紙もこのように美しいですが、口絵が本当に雰囲気があって素敵色っぽいです。
 これからの季節のイラストなんですが、すごくいいんだー、これが。
 口では上手く説明できないから、中見てください…なんて、文筆業としてあるまじき事を言ってみる。
 でも、綺麗な絵の力って、いくら言葉を尽くしてもかなわないものだと思うんです。

 もちろん、中のイラストもものすごく線が細くて、雰囲気があって素敵です
 とてもとても丁寧に描いていただいてますので、ぜひぜひ、手に取ってみてみてください。

 今回、折り込みで出版社特典のカラーイラストつき(豪華ですよね)SSを入れていただけるそうですが、そちらは私がめっさ惚れ込んだ口絵カラーイラストにしていただけるそうです。もちろん、こちらのはんなりした綺麗な表紙イラストはSS側に入れて頂いてます。
 あと、コミコミさんでは、別途SSがつくそうです。
 よろしければ、そちらもご覧になってください。

 今回は京都が舞台ですが、「いとし~」の清純派とは違って、綺麗系ビッチ目指して書いてみました
 多分、あんまり書いたことなかったと思うのですが、個人的には小説でも映画でもビッチなキャラは好きですよ。
 また、前回とは毛色の違う話ですので、ぜひともご覧になってください。
 

Follow me!

次の記事

この時期の贅沢