反省だけならサルでも出来る

…よね?
808キッチンの窓より、市場の屋根を見たところ
どこか鄙びたような、無国籍風な眺めが素敵。
日差しの強さが夏だよね。

 少し前からヤバかった首が、昨日、完全に筋違いを。
 背中から肩、首にかけて重度の筋違いで頭がレインマンのお兄ちゃんのように
傾いてます。傾いているというより、首をまっすぐにすると激痛が走るので
首を傾けざるをえないというのか…
 今、首から肩、背中にかけて、びっしり冷えピタを貼ってる不様な状態。
最初、対処療法を知らず、マッサージして悪化させました。
 昨日の夜、激痛で寝られなくて、死ぬかと思いましたがな。自分の腕で首を持ち上げて、呻きながら何とか寝返りを打つような状態。冷やして、少しマシになってきたかな?

 小b、来ました。
 見どころは、佐々木さんの描いてくださった副官飾緒の美しさ。一番の萌えポイントですよ
 軍服は半端に崩したりせず、二人ともきっちり着こんで、攻めが○○○○○て受けの○○○を脱がしてるところがいいですよ(ワタクシ的第二の萌えポイント)、と担当さんに力説したのですが、エロとじ担当の方に却下されたそうで。ちっ。
 でも、佐々木さんが飾緒をすごく美しく描いてくださってるので、本懐を遂げられました。凄いですよ。この見事な陰影を、ぜひ見て下さいまし。
 本文、飾緒のルビは、「しょくちょ」じゃなくて、「しょくしょ」にしとしいたんだけどな。「しょくしょ」のほうが、響きがきれいじゃないですか? あと、「黒の一番機」の「カラヤ・アイン」のルビが抜けてます。これは、ちょっと切ない。
 まぁ、ルビなんざ、どうでもいいことなのかもですが…、とにかく見どころは佐々木さんの描いてくださった軍服+飾緒です(しつこい)。

 今回、各ページにエロを散らしたとおっしゃる猛者な作家さんがいらっしゃったり、個人的に私よりずっとエロのお上手な作家さんがいらしたりして(エロばかりじゃなくて、ストーリーも好きな作家さんなのですが)、なんか、居場所を変わったほうがいいんじゃないかとちょっと凹み気味。いや、マジ凹み。

 あと、もういっちょ、9月の仕事予定。
小説リンクス10月号(幻冬舎コミックス、9月9日発売予定)で巻頭の背徳特集の短編書かせていただいてます(あのカラーページの短編です)。
 リンクスさんでのお仕事は初めてなのですが、なんと、今回のエロとじ以上の読み切り短編。最近、己の限界に挑戦ー続きですよ。
 挿絵は緒田涼歌様、楽しみです。うはー

 とりあえず、仕事に戻ります。
今月はあと、山が3つ…首なんざ、いわしている場合ではない…
 

Follow me!

前の記事

反省している

次の記事

808キッチン