ごめん

 …えー、Jガーデン新刊時間切れ。もう、ちょっと今から印刷は無理です、ごめんなさい。
 家族にネタ募集して、間に合わなかったのかと嘲笑われました。その通りですね、確かに。正論すぎて、泣けるわ。すみません。
 何しか、めっさ悔しいので、少しクオリティ上げて入稿します。こうなったら、もうちょい書き足して50ページにしちゃる。

 なので、前回のように通販先行販売になります。3月25日のCD発売までには間に合うようにコミコミさんに入れるつもりですので、どうぞよろしく。イベントでの初売りは、夏コミです。
 あんまり何にもないのも悲しいので、今回の本のあとがき+本文の一部をペーパーにして当日に配布したいと思います。すぐに本には収録されますし、絶対に手に入れなければならないほどのものでもないですので、お暇でしたらお寄り下さいやし。

 幾つか問い合わせを頂きましたが、夢見る金魚は再版かけましたので、当日販売しますし(一応、Jガーデンでは初売りになります)、あとコミコミさんにも搬入手配済みですので、こちらは今週末か来週頭あたりにはご購入いただけるようになると思います。再版は、さすがに今回を最後とさせていただきますので、ご希望の方はこの機会によろしくお願いします。
 当日販売物は「いとし、いとしという心」の千秋とユキの番外編である「Bitter Sweet」、「夢見る金魚」、「上海金魚~private press edition」、「小夜啼鳥の啼く夜は」、あと、「恋は遠い日の花火ではなく」がわずか数冊だけ残ってますので、これも持っていきたいと思います。

 それから、インターコミュニケーションズのサイトで、「透過性恋愛装置」のWeb販促用コメントが公開中です。今回、CDのボリュームがマックスに近いらしく、一応、フリートークも録ってあるのですが、最悪、フリートークは削られてしまうそうで。そうなると、声優陣のトークを聞けるのはこの販促コメントだけになるそうです。今週金曜日までの限定公開だそうですので、お急ぎ下さいまし。
 ちなみに来週からは、いよいよ本編ダイジェストが公開されるそうです。

 しかし、フリートークと今回のコメント、すっごいテンション高いですよね。
 本編収録後、緊張が解けたせいか白く燃え尽きてしまって、皆さん、すっごいテンションで喋ってるなぁ…、と思ってぼんやり見てて(まぁ、あれも仕事なんだろうけど)、今回、初めてまともに通しで聞きました。ああ、こんなこと言ってたのかと…、断片的にしか頭に残ってなかったです。
 しかも、フリートークと今回のコメント、5秒とおかずに立て続けに録ってるので、正直、話の中身もごっちゃごちゃに覚えてました。

 でも、こうやってあらためて聞くと、皆、本編とはまったく違うトーンの声で喋ってらっしゃいますね。あと、それぞれがお持ちの地声とも少し違うような気がする。一番近いのは、保村さんかな。谷山さんがおとなしい役だった分、かっ飛ばされてますが、谷山さん、待ち時間もすごく長かったんだよね。そりゃ、はじけるさ。
 どの声優さんも、自分のシーン以外では収録ブースの外で、じっと待たれてるので、本当に演技力以外にも忍耐力や集中力のいる仕事なんだろうなぁと思いました。あと、レポート読んで、あの休憩中の楽しげな爆笑は下ネタだったのかと思ってみたり。収録中にテンパってる分、休憩中は本当にぼんやりしてたので、ちゃんと聞いてなかったよ。惜しいことをした気分です。
 でもさぁ、せっかくなら、ちゃんとフリートークも入るといいのになぁ。もったいたないよね、せっかく喋っていただいてるの。
 
 お返事、ちょっと待って。とりあえず、原稿上げます。 

Follow me!

前の記事

はい、締めまーす(BlogPet)

次の記事

恋は遠い日の花火では…