今年の春は

桜も気候も荒れ模様ですね。

 多分、ここに来られる方の大半はご存じだと思うのですが、
ビブロスさんが自己破産の申し立てをされました。
 ここしばらく、お仕事はご無沙汰してたのですが、担当さんとはまた次の仕事の話などもしてましたので、すごく驚きました。
 でも、私の驚き以上に、現場で働いていらっしゃった編集さんが一番ショックだったと思うんです。今回も、ビブロス自体の業績不振ではなく、あくまでも関連会社の煽りを食った形になりますので。

 ご存じのように、私はビブロスがまだ青磁ビブロスの時に、あの会社からデビューさせて頂きました。
 はじめて自分の本が雑誌に載った時、そして自分の本が書店に並んだ時の嬉しさはいまだに忘れられません。
 お送りした同人誌の『エゴイスト』に目をとめていただき、掲載の話を下さり、小説の書き方もプロットの作り方も、もちろん校正の入れ方すら知らない私に、一から教えて掲載できる内容にまで持って行ってくださったのは、今の担当さんでした。
 雑誌掲載の話がちょうど阪神大震災の時だったので、おつきあいはもう十年以上になります。
 その間、私の無知やわがまま、怠慢のせいで、ご迷惑ばかりおかけしてたと思うのですが、とても辛抱強くつきあってくださいました。
 また、私の非常に勝手なわがままで、他社さんから『エゴイスト』を改稿という形で出していただいたりした時も、やはりご迷惑を山ほどかけたと思います。

 そして迷惑ばかりをかけ倒しているにもかかわらず、私はデビュー時からのこの担当さんが、本当に人間的にも大好きで心から信頼してるので、ぜひ、また一緒にお仕事のできることを性懲りもなく楽しみにしてたりするのです。
 そして、ご迷惑をおかけした分だけ、少しでもご恩をお返しできたらなぁと思っています(またまた迷惑をかけてしまうかもしれないにもかかわらず…)。
 編集さんもがんばっていらっしゃるので、また、前以上にパワーアップして素敵になった本を読める日が来ることを、指折り数えて待ってます。

Follow me!

前の記事

パンダ

次の記事

生まれたよ