神戸花鳥園がOPEN

 家族が神戸花鳥園が…というので、何じゃ、そりゃーと思ったのですが(もっと本音で言うと、中華料理店か何かだと思った)、ポートアイランドにできた花や鳥と直接に触れあえるテーマパークだそうで。
 HP見ると、睡蓮がすごく綺麗。ペンギンもうろうろしているらしいので、行ってみたいのです。何てったって、花鳥園っていうネーミングが素敵、素敵。響きがいいよね、百花繚乱の鳥の楽園みたいで。

 ワタクシは先日の血液検査で、かなりの貧血状態だったことが判明。生まれてこの方、貧血とはまったく無縁で小学校や中学校の頃には全校集会の時に貧血で座り込む女の子に憧れたり(そして、それをかっこいい男の子が保健室に連れて行くという少女漫画チック王道的ベタな展開に憧れていたという恥ずかしい過去…)、献血に行けば常に400ml献血を勧められ、微妙に乙女心を傷つけられていたりもしたのですが…(400mlは50kgを越えていないと無理だそうで…、まぁ、常に余裕で越えていると思われたところが、女としての沽券にかかわる まぁ、私の身長+バリバリ体育会系な骨格上、50を割れば自力では歩けないのではと思われますが…しかしっ)。
 10月末の検査でもすべての数値が正常値の中でも限りなく高濃度だったというのに、よもやの貧血。妊婦にはごく平均的な症状とはいえ、自分でもビックリ。
 どうりでここ1,2ヶ月、むやみやたらと眠く、身体中怠くてやる気が起きなかったわけだと、納得…というのか、これら症状はワタクシの怠慢のせいではなく、貧血のせいだと思いたい。

 薬を処方され、筋肉注射?というぐらい太い注射器で鉄分を注射されたら、たちまち気怠さが吹っ飛び、元気になりましたがな。もしかして、ただのプラシーボ効果なのかもしれませんが、ちょっぴり元気になったので、ただいま長らくほったらかしになっていたやほひなシーンをやっつけ中。今回はワタクシには珍しく、結構枚数としても多いんだ~。
 俺はやるぜ、俺はやるぜっ、まかせとけっ! まだどの本とはいえませんが、7月発売予定だそうな、よろしくねっ!

Follow me!

前の記事

雛祭り

次の記事

桜餅